Reborn-Art Festival

利他と流動性 [ 後期 ] 2022年8月20日 (土) - 10月2日 (日) ※ 会期中に、休祭日を設ける予定です

会場:宮城県 石巻市街地、牡鹿半島

新型コロナウィルス感染症対策について

© Reborn-Art Festival 2021-22

FOLLOW US

SAMPLE

Mariko Asabuki

石巻中心市街地エリア

Photo by Kenshu Shintsubo

1984年東京都生まれ。2009年、「流跡」でデビュー。2010年、同作で第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を最年少受賞。2011年、「きことわ」で第144回芥川賞を受賞。近刊に小説『TIMELESS』(2018)、エッセイ集『だいちょうことばめぐり』(2021)などがある。2012~14年、国東半島アートプロジェクトにて発表された飴屋法水(演出・美術)による演劇「いりくちでくち」のテキストを担当し、共同制作。

作品番号 :
D3
タイトル :

作品タイトル

キャプションが入ります

2つ目

作品キャプション
制作年 :
2021
布施は映像や絵画、iPhoneや写真など多岐にわたるメディアを複層的に活用しながら作品発表を行い、評論や展覧会企画を手がけるなど多方面で活躍しています。「新しい孤独」をテーマに、スマートフォンの登場以降の現実や違和感をさまざまな方向から考察する一方、情報技術や文学、洞窟壁画をはじめとした先史美術についてのリサーチに基づいた作品制作を行っています。今回、布施はバルーンに絵を描き、第二次世界大戦中に荻浜に作られた秘匿壕(人工の洞窟)を舞台に作品を展開します。
展示場所 :
洞窟
GoogleMapで調べる

※ 本作の鑑賞には予約が必要です
※ 各回定員8 名

 


 

鑑賞時間(時間枠 / 1時間毎):

① 10:15〜10:45
② 11:15〜11:45
③ 12:15〜12:45
④ 13:15〜13:45
⑤ 14:15〜14:45
⑥ 15:15〜15:45
⑦ 16:15〜16:45

< 鑑賞予約について >

参考画像

  • 朝吹真理子
    『流跡』
    2010年
    新潮社刊

  • 朝吹真理子
    『きことわ』
    2011年
    新潮社刊

同じエリアの展示アーティスト

トップへもどる

OUTLINE

開催概要

Reborn-Art Festival 2021-22
[ 後期 ]
— 利他と流動性 —

【 会期 】

2022年8月20日(土)~ 10月2日(日)
※ 休祭日:8月24日(水)、9月7日(水)、9月14日(水)


【 会場 】

宮城県 石巻市街地
(石巻中心市街地、復興祈念公園周辺、渡波)、
牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)


【 鑑賞時間 】

石巻市街地(石巻中心市街地、
復興祈念公園周辺、渡波)
平日・土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

牡鹿半島(桃浦・荻浜、鮎川)
平日 10:00〜16:00(15:30最終受付)
土日祝 10:00〜17:00(16:30最終受付)

※ 施設、作品によって異なる場合があります


【 主催 】

Reborn-Art Festival 実行委員会
一般社団法人APバンク


【 共催 】

宮城県、石巻市、塩竈市、
東松島市、松島町、女川町
株式会社河北新報社、
東日本旅客鉄道株式会社 仙台支社


【 助成 】

令和4年度 文化庁
国際文化芸術発信拠点形成事業



【 特別協賛 】

【 協賛 】

EXELCO DIAMOND

【 後援 】

TBC東北放送、仙台放送、ミヤギテレビ、
khb東日本放送、エフエム仙台


【 特別協力 】



Reborn-Art Festival 石巻実行委員会


【 協力 】

日本製紙株式会社石巻工場、西濃運輸株式会社、
石巻専修大学
株式会社宝栄建設、
FSX株式会社、社会福祉法人夢みの里

このウェブサイトの情報は
2022年6月28日時点のものです。
新型コロナウイルスの影響等で
やむを得ず変更する場合があります。
あらかじめご理解をいただければと思います。

最新情報は随時当ウェブサイトをご確認ください。

観光バスで効率的に作品鑑賞ができるリボーンツアー予約受付中